コンブチャクレンズ 葉酸 量
葉酸は、妊活中の女性や、妊娠中の女性に注目されている栄養素です。

そんな葉酸が、なんとダイエットドリンクとして定評のあるコンブチャクレンズに豊富に含まれていることがわかりました。

今回はコンブチャクレンズに含まれている量と、1日に推奨される摂取量、そして何故葉酸が必要なのかなどを解説していきます。

葉酸は女性と赤ちゃんに欠かせない栄養素

葉酸は、妊娠をするために、そして赤ちゃんが健康にすくすくと育つために必要不可欠な栄養素だと言われています。

まず、葉酸には卵子の老化を防ぐ効果が期待できると言われています。

近年多くの女性が悩む不妊症。

原因は数多くありますが、女性側の原因として多く言われているのが卵子の老化です。

そんな卵子の老化をストップさせることが可能だと言われている葉酸は、妊活サプリメントにも豊富に含まれています。

さらに、葉酸は赤ちゃんがしっかり育つために細胞の生成をサポートする働きがあると言われています。

そして、出産後の赤ちゃんの神経管閉鎖障害の危険を軽減させてくれる効果も期待できると言われており、妊娠中のママさんには是非積極的に摂取して欲しい栄養素なのです。

葉酸が少なくなるとどうなるの?

葉酸が少ないと、赤ちゃんに送られる栄養も少なくなり、十分な発育が得られない・生まれてから神経管閉鎖障害になってしまうなどのリスクが挙げられます。

さらに、妊娠を望んでいる女性にとっても葉酸の不足は避けたい問題なのです。

加齢やストレスなどさまざまな要因により、どんどん卵子は老化していくといわれています。

卵子が老化すると、受精が出来にくくなったり、着床しにくくなるなど妊娠しにくい体になる恐れがあります。

そのため、妊娠を望んでいる方も、まだ妊娠していないからと言って栄養面を疎かにするのではなく、積極的に葉酸を摂取したほうが良いのです。

コンブチャクレンズに含まれる葉酸の量は?

コンブチャクレンズは、豊富な栄養素が含まれており、妊娠中の母体に悪影響を及ぼす成分がほとんど含まれていないことから、妊娠中や産後の授乳期に飲んでも良いと言われているダイエットドリンクです。

そんなコンブチャクレンズにも葉酸が含まれており、30mlに対して約200ugの葉酸が含まれているといわれています。

ちなみに、1日に推奨されている葉酸の摂取量は1000ugと言われています。

つまり、毎食前にコンブチャクレンズを飲むだけでも600ugは摂取できるということです。

葉酸はほうれん草やみかん、納豆、アボガドなど食品の中にも含まれているので、後の400ugは食品で補うことも不可能ではありません。

しかし、加熱したり水で煮てしまうと葉酸が溶けて減ってしまうので、なるべく生で食べることをオススメします。

ダイエットに効果的なだけでなく、葉酸が豊富に含まれているので、女性なら是非使って欲しいダイエットドリンクです。

妊娠中・産後ダイエットにコンブチャクレンズはオススメ

ダイエット面に関しても、ビタミンやポリフェノール、酵母・酵素などダイエットをする上で、体内環境を整え基礎代謝をアップさせる効果が期待できる栄養素がたっぷり含まれています。

短期間のファスティングダイエットに使用されることもあるそうですが、妊娠中や授乳中はお母さんの体力が何よりも大事。

3食のうち1食をコンブチャクレンズのみにしたり、毎食前に飲むなどの方法で無理なくダイエットをすると良いでしょう。

まとめ

妊娠を望む女性、妊娠中の女性にとって葉酸は欠かせない栄養素です。

コンブチャクレンズに含まれる葉酸の量は30mlあたり200ug。

日々の食事と合わせて是非コンブチャクレンズを使ってみてはいかがでしょうか?

コンブチャクレンズの成分については、公式サイトにてさらに詳しく掲載されています。

購入を検討中の方は是非こちらもご覧ください。

コンブチャクレンズの公式サイトはこちら