ミルニック たんぽぽ茶 違い
最近、現在と昔の食文化の変化から母乳育児に悩むママが増えてきています。

そんなママと赤ちゃんの救世主として、非常に注目を集めているのがミルニックです。

母乳の出が良くなると言われているのは「たんぽぽ茶」と聞くけど、ミルニックとたんぽぽ茶では、どんな違いがあるのでしょうか。

たんぽぽ茶と、ミルニックの違いについて調べてみました。

ミルニックとたんぽぽ茶は成分に違いがある?

母乳の出が良くなるという両者ですが、成分に違いはあるのでしょうか。

●たんぽぽ茶の成分
たんぽぽ茶は、主にたんぽぽの根っこが原材料で、たんぽぽの根っこには、コレステロールを抑えて血の巡りをよくする働きがあります。

母乳は血液なので、たんぽぽ茶を飲むことで血流が良くなって母乳の出が良くなるという仕組みです。

他にもたんぽぽ茶には、カルシウムや、ビタミンも含まれているので、授乳期間中で不足時がちなビタミンなどの栄養素を補うことができます。

●ミルニックの成分
ミルニックにもたんぽぽのエキスが使われていますが、他にもラズベリーリーフ、フェンネルというハーブも使用されていて、多くの産院さんでも薦められています。

さらに、ミルニックは母乳の出を良くするだけではなくて、オリゴ糖や乳酸菌、授乳期の赤ちゃんにもママにも必要な葉酸も含まれています。

野菜やビタミン、などを食事で多く取ろうと思っても、結構大変ですよね。

ミルニックなら野菜成分や葉酸にDHA、乳酸菌やオリゴ糖まで配合されているので、授乳期のママ達が理想としているバランスのいい栄養素が、これ一つで叶います。

ミルニックとたんぽぽ茶は飲み方にも違いがある?

たんぽぽ茶とミルニックには、飲み方にも違いがあるのでしょうか。

●たんぽぽ茶の飲み方
たんぽぽ茶は、ほとんどの場合個装がティーバッグになっていて、お湯を沸かしてポットに入れたり、水出しでお茶が作れるものもありますが、基本的にはお茶として飲みます。

200ml?500mlのお湯、または水でお茶を作って飲みます。

飲むタイミングは、一日の水分補給をするタイミングで飲みます。

●ミルニックの飲み方
ミルニックは、顆粒タイプなので飲み方にもバリエーションがつけられます。

基本的には、水でサッと飲むのですが、公式サイトを見てみると、暖かいスープに混ぜたり、スムージーに混ぜたり、ヨーグルトにかけて食べても良いと書かれています。

少し甘みのある香りがしますが、癖のある味ではないので美味しく続けられることもリピート率が高い理由と言えそうです。

外出先でもスティックタイプの個装で嵩張らないのもポイントが高いですよね。

母乳の出が良くなるというハーブティーも、たくさん商品がありますが、お茶となると毎日同じものを飲んだり、毎回作って飲むというのも、意外と手間や面倒なことが多くて、継続するのがしんどくなってしまうこともありますよね。

ミルニックは、飽きが来ないように日常生活の中で利用できるというところがポイントです。

普段の食生活の中で使えると、負担も少なく継続することができますよね。

ミルニックとたんぽぽ茶いは販売店舗の違いもある!

たんぽぽ茶や、ミルニックは薬局でも購入できるのか調べて見ました。

たんぽぽ茶は、薬局の赤ちゃんグッズのエリアに置いてありました。

買い忘れても、近くの薬局に買いに行けるのは良いですね。

一方、ミルニックは薬局には置いていないようです。

大手の通販サイトでも検索をして見ましたが、どこも「該当商品はありません」と出てきます。

公式サイトからの注文だけが、唯一購入できるルートということですね。

ミルニックは公式サイトの実感コースで注文をすると、通常価格の60%オフで購入できる上に、2回目以降も割引額で購入できます。

一番嬉しいのは、実感コースなら定期便なので買い忘れの心配がありません。

こうした、体の中から健康になる食品は、継続することで効果を実感することができます。

つい面倒でサボったり、買い忘れて間が空いてしまうと、効果が感じられなかったりしますが、ミルニックは余計な心配をしなくて良いので、よりストレスなく続けられますよ!