ミルニック 飲む量
ミルニックは母乳の出を促進してくれるサプリメントとして、多くのママ達から信頼を得ています。 ミルニックはハーブティと違って、顆粒タイプのサプリメントですが、飲む量の注意点や、副作用、飲み合わせの相性はあるのでしょうか。 効果的なサプリメントと聞くと気になるのは、一日で飲む量の限度や、副作用についてですよね。

ミルニックの飲む量の限度や、副作用、飲み合わせの相性について調べてみました。

ミルニックの一日に飲む量の限度とは?

ミルニックの一日に飲む量の限度については、公式サイトにも一日1包目安と明記されています。

個装スティックが30包入っていて、30日分なので、1セットが約1ヶ月分ということになります。

ダイエットサプリメントでも良く見受けるのが、早く成果を出したいと、メーカーで推奨している飲む量を大幅に上回って飲んだりすることです。

母乳育児に思い悩んでいると、つい焦ってしまって飲む量を加減せずに摂取してしまうのは危険なことなのです。

食事でも、一気に食べ過ぎたらお腹を下してしまったりすることもありますよね。

体にいいサプリメントや食事でも、過剰摂取はせっかくの栄養を無駄にしてしまうことになります。

特に、授乳中の赤ちゃんにとっては、ママの母乳が栄養を摂取する一番良い方法だと言われているのに、ママが体を壊すようなことがあったら、赤ちゃんのためにも良くないですよね。

また、サプリメントは健康食品であって薬ではありません。

サプリメントは、体の中からアプローチをかけて、徐々に体を良い状態に導いていくものです。

即効性を期待してたくさん飲んだからといって、成果がすぐに現れるということではなく、長期的に時間をかけて体の中から改善していくものだということを、念頭に置いてくださいね。

何事も、やり過ぎは良くないということですね。

きちんと、メーカーで推奨されている用法用量は守るようにしましょう!

ミルニックを飲んでいると副作用はあるの?

ミルニックを飲む量については、一日1包が目安だと分かりましたが、ママが飲むものでも、最終的には赤ちゃんにも影響が及ぶものだと考えたら、心配になるのは副作用のことですよね。

ミルニックには飲む量以外にも、気をつけるべき副作用はあるのでしょうか。

まず、ミルニックは放射濃度の検査も、残留農薬試験も第三者による厳しい試験をクリアしているものなので、授乳中でも安心して飲むことができます。

他にも、無添加で天然の原材料にこだわって作られているので、薬による副作用のようなものは心配ありません。

ただ、食品へのアレルギーや、少々気をつけた方がいい方もいます。

例えば、ミルニックに使われている原材料の中にアレルギー反応が出てしまうものがあったとしたら注意が必要なので、アレルギーをお持ちの人は、かかりつけのお医者さんに成分表を見せて相談をするようにしてくださいね。

また、ミルニックはビタミンB群も含んでいたり、血流を促すことで母乳の出を良くするものでもあるので、血小板異常などで、血液が止まりにくい人にとっては、気をつけなくてはいけません。

体に害のある成分はありませんが、アレルギーや既往症で心配なことがある場合には、かかりつけのお医者さんに相談をしてから使用するようにしてくださいね。

ミルニックとの飲みあわせ

ミルニックの飲む量を守れば、副作用はなく安心して使用できますが、食事や飲み物で飲みあわせなどの相性が良くない食品はあるのでしょうか。

ミルニックは、あくまで健康食品であって医薬品ではないので、飲み合わせを気にすることはありません。

ママがストレスなく続けられるものであれば、お味噌汁やジュースに溶かしたり、アイスにかけたりしても大丈夫です。

ただし、塩分や糖分の摂り過ぎにならないように注意が必要です。

せっかく、ミルニックを飲んでバランス良く栄養素を摂っても、塩分や糖分を摂りすぎることで、母乳が出にくくなってしまうこともあります。

ミルニックを飲んでいるからと言って、偏った食事をしても大丈夫ということにはならないので、ミルニックを飲みつつバランスのいい食事を心がけてくださいね。